スタッフの声
Interview

「良くなった感じがするよ」
その言葉が日々の活力に

理学療法士 K.S
 入職2年目(2016年入職)

一般企業での業務を経験後、昼は介護職・夜は専門学校に通い、国家資格を取得。その後は地元・千葉県にある当院に入職。

患者さま、利用者さまがリハビリ前と比べて少しでも良くなっている所を見付けること。「ありがとう、良くなった感じがするよ」と言われると最高です。

選んだ理由ひとつの院内での
4つの分野の提供が魅力

通いやすさと、入院・外来・通所・訪問すべての分野で、患者さまや利用者さまに関わることで、自身にとって勉強になることが多いと考えたからです。

良いところスタッフが一丸となって
良くしようと考えている

「病院を良くしていく」という気持ちを持ったスタッフが多いところです。
現状に満足せず、常に良い方向へシフトしていくことを心掛けています。

メッセージ個人の意見を大切に
してもらえる職場

現代の流れやニーズに合わせて、常に良い方向へ変わっていこうと日々頑張っています。どんどんアイディアを出していただければ、それが通ることも多いです。
熱い想いを持った人と仕事ができればと思っています。

座右の銘は
「情けは人の為ならず」